img_02

クレジットカードのリボ払いは信用が低下する?

クレジットカードのショッピング枠は、借金としてはみなされないので、基本的にはローン審査で不利なポイントとはなりません。


むしろ、クレジットカードを利用していて、延滞をせずにきちんと支払いをしている履歴があれば、ローン審査で有利なポイントとなるでしょう。

しかし、ショッピング枠をリボ払いに設定している人は、注意が必要になります。



なぜなら、リボ払いは借金とほぼ同じ扱いがされてしまうからです。


クレジットカードのリボ払いの手数料は10%~15%程度とカードローンの金利とほぼ同じになっているので、負担はそれなりに大きいです。
返済方法をリボ払いに設定していて、残高が大きい場合には、注意をしておきましょう。

クレジットカードのリボ払いの情報は、信用情報に記載されているので、他社のローン審査に申込みをしたときにも、わかってしまいます。
例えば、ショッピング枠が30万円あって、そのうち20万円を使っていて、リボ払いに設定しているという情報は、金融機関には筒抜けとなっています。
債務整理をする人の多くは、カードローンなどの借金だけでなく、クレジットカードのショッピング枠も限界まで使ってしまっているケースが多いです。

ショッピング枠を限界まで使ってしまうことは、破綻への第一歩と言えるかもしれません。



なるべくショッピング枠の支払いは一括払いにしておき、リボ払いを利用する場合でも、残高が大きくなりすぎないように気をつけておくことが大切です。